belle&judith 吉川店

埼玉県 吉川市

売れている美容師と美容院のサロン運営とバック率

経営

サロンを運営して行くには様々な知識が必要ですが、ここではちょっとした『使える運営知識』を紹介して行きたいと思います。


1バック率(リターン率)の考え方


バック率に関してを各々のサロンで使っていると思いますが、平均で1~2ヶ月としているサロンが多いと思います。


そもそも、1ヶ月でバックとなるとカットのスタイル保ちに問題があると思います。(メンズカットやメンテナンスカットは別)

カラーに関しても平均は2ヶ月といったところでしょうか。(エリアにもよりますが。)


比較的使いやすい期間設定としては3ヶ月をオススメしております。


3ヶ月間は保つ様に作り込むと言うこともありますが、『1ヶ月バックで顧客を作るより3ヶ月バックで作った方が安定するから』です。


単純に1ヶ月バックの総客数より3ヶ月バックの総客数は3倍となりますので、月の平均売上の安定化と失客した時のリスクも3分の1になります。


これはサロンのキャパシティが単純に3倍になったのと同じ効果がありますので、小中規模サロンでは特に有効な期間設定だと思います。


付加効果としてはスタイルが保つカットを意識することでの技術レベルの向上と、口コミでの来店が多くなるという事です。


利潤では、営業での回転効率と来店での回転効率は『反比例する』という事を覚えておきましょう。


2ダイレクトメール(DM)について



皆さまにも『顧客の囲い込みにSNSを使いませんか?』などとネット営業マンからもよく電話が掛かってくると思います。www


そもそもDMを出さないと売り上げが保てないような運営だと、経営に問題があるものと思います。過剰な割引DMなどは『このサロンは大丈夫なのだろうか?』と顧客の信用にも悪影響を与えるので、誕生日DMなどまでに抑えるのが妥当です。


今流行りのSNSを通してのDMも同様です。過剰な追加割引でサロンの安売りをしてしまうと、収支崩壊するのと同時にサロン価値も下げることになります。


ですので、わたくしの経営するサロンではDM等は一切出さないようにしています。

Recommended

おすすめ求人
Spinning