サロントからのお知らせ

美容院の新型コロナウィルス感染予防対策のホームページ記載について

その他

平日の外出自粛も発令されて、非常事態宣言が現実味を帯びてきました。

その様な中でも、スタッフの生活と事業存続の為に美容院を始めとする理容院やネイルサロン、整体院など我々経営者は営業続けなければなりません。


今回は新型コロナウィルスによる外出自粛により売り上げが減少してしまったサロン店舗様向けに、ホームページによる『店舗の新型コロナウィルス感染予防対策』の表記と内容についてご紹介して行きたいと思います。


○ホームページのトップ画面にコロナ対策を表記する

ホームページの見えやすい場所に『店舗のコロナ対策』を表記する事により、お客様へコロナウィルスに対する店舗の対応をアピール出来ます。

お客様は外出自粛の中で必要な行動として店舗を探していますので、出来るだけ感染リスクの低いサロン店舗を探そうとします。

自分がお客様だった場合にどの様な『新型コロナウィルス対策をしているサロンが安心が出来るか?』を考えて表記を考えましょう。

また、表記は『分かりやすく簡潔』にしましょう。

長々と書いてしまうとお客様が読み難いだけで無く、ホームページの情報自体を読む気力が無くなってしまいます。

大切なのは『当サロンではちゃんとコロナウィルス対策をしていますよ!』という事をホームページの観覧者に伝える事です。


○スタッフのマスク着用について

美容師を始め、ネイリストや理容師、整体師やセラピストはお客様とカウンセリング等で至近距離で会話をする機会があります。

ですので、お客様は勿論スタッフも新型コロナウィルス感染のリスクから護らなければなりません。ですのでスタッフのマスク着用は必ず行いホームページにも店舗のコロナウィルス対策として表示しましょう。


○お客様に使用する道具のアルコール消毒について

美容院であればセット椅子やシャンプー台、またはカットクロスなど、ネイルサロンであればお客様の座る椅子や肘置き、スタッフの所持している施術道具など『お客様が触れた物』にアルコール消毒をお客様毎に行う事が大切です。

美容院や理容院、ネイリストサロンであればエタノールや逆性石鹸は常備しているはずですのでその旨を表記して実際にも消毒を徹底しましょう。

この『アルコール消毒』が事実上一番コロナウィルス感染リスクを下げる事に有効とされていますので、しっかりと行う事をオススメします。


○紫外線消毒器による小物類の消毒について

美容師であれば、シザーやコーム、ブラシなどの小物類をアルコール消毒以外にも専用の紫外線消毒器で消毒する事も大切です。

保健所への開設届を出す際に必ず購入していると思いますので、こちらもコロナウィルス感染予防として必ず行いましょう。

もし万が一店舗にない場合は、直ぐに購入する様にしましょう。契約している卸業者さんに問い合わせれは1週間以内に購入出来るはずです。


○クレベリン(二酸化塩素)による空間除菌について

二酸化塩素を利用したクレベリンにも新型コロナウィルスに対する除菌の効果があるとされています。

製品により除菌の範囲が変わってくるので、説明書を見ながら有効な除菌範囲を『円を意識して』店舗内を埋める様に設置して行きましょう。

また、注意点としてお客様の施術場所の近くに設置すると二酸化塩素独特の臭いでお客様が気持ち悪くなってしまう事があるので、設置場所は十分に考慮しましょう。


○空気清浄機(加湿器)などでの対策について

プラズマクラスターなどの空気清浄機や加湿器での湿度調整でも一定の予防に貢献するとの事なので、まだ導入していない店舗様は検討しても良いかと思います。美容院や理容院(床屋)などはシャンプー台などでお湯を多用しますので、店舗ないの湿度は高い方だと思いますが空気清浄機による空間洗浄を期待して設置するのは十分効果的だと思います。新型コロナウィルスの為だけで無くホコリや他のウィルスに対しての対策としても検討しましょう。


以上の点でホームページへ『当店舗の新型コロナウィルス対策』というタイトルなどで、各店舗の対策についてを記載してお客様の不安を払拭するのと同時に大切なスタッフ達も新型コロナウィルスの感染から守れる様にしっかり対策しましょう!

Recommended

おすすめ求人
Spinning