belle&judith 吉川店

埼玉県 吉川市

美容院の独立開業や出店での¥資金調達について¥

経営

◎資金調達について


出店場所が決まったら次に行うのが資金調達ですね。


基本的に自己資金は総資金の3分の1という事が条件になっています。


小規模サロンであれば大体1000万円(運転資金込み)もあれば開業できるので、自己資金を400万円は用意しておきましょう。


これは融資を受ける際の条件でもあるのでしっかりと貯金をしておきましょう。


融資を受ける際は『国民政策金融公庫』の1択になります。


国が運営している事業融資のシステムです。ここでしっかりとした事業計画書を提出し、しっかりと面談で受け答えをすれば融資が可能となります。



◎事業計画書の書き方(創業計画書)


融資を受ける際で重要な事業計画書は、基本的に公庫で貰える1枚の用紙では収まりきってはいけません。


別に事業計画書を作成しましょう。


銀行員でも国金の融資担当でも『書類は大好き!!』という事を理解しましょう。


融資が成立すれば担当者の成績になりますが、融資許可は審査部が出します。


審査部に許可の材料となると『事業計画書』が細かく書いてあれば、大いに審査の手助けとなるでしょう。


わたくしは審査の際に大体30ページ程の事業計画書を作成するようにしています。


ちょっとしたポイントがあるのでまとめて見ます。


●審査で使うファイルはA4なので縦A4で作成します。(ソフトはwordかPages推奨)


●書類はファイリングせずにホチキスで留めましょう。(融資担当者のファイルに収め易いように考慮します。)


上記のが基本的な提出時のフォーマットとなりますので作成時に注意しましょう。


・計画書の書き方


創業理由→出店場所の設定理由→サロン製作見積り→集客戦略→収益予測→返済計画→成長戦略。という様にプロセスをしっかりと組んで計画書を作成します。


①創業理由

前記しましたが、『十分学んだので更に成長したい』『年収を更に伸ばしたい』などのポジティブな理由での理由でなければなりません。間違っても『前の職場が嫌になったから』などのネガティブな理由を書いてはいけません。

統計上ネガティブな理由での創業は廃業することが多いので、融資など降りるはずもありません。


②出店場所の理由

これも前記しましたが、郊外と市街地では立地理由に違いが出て来ますので、適切な理由を記載するようにしましょう。


③サロン製作見積もり

これはテナントの保証金、敷金から内装費、設備費、初期ストックの薬剤等材料費など全ての見積もりを記載します。

内装業者などに見積もりをお願いすれば融資資料用に見積もりを作ってもらえたりするので、利用してみましょう。


④集客戦略

これも前記しましたので、エリア毎にチェックして適切な集客戦略を記載しましょう。

丸写しでも問題ないと思いますが、具体的な数字を追加すると良いと思います。

尚、数字については動線などで変動するので人通りの調査など簡単に行うと良いでしょう。


⑤収益予測

1ヶ月の売り上げと必要経費などを計上し収益の予測を出しましょう。

細かく出していくことがポイントです。大雑把に『経費』などでまとめて計上すると内容が不透明になり信用性に欠けます。具体的な品目を全て細かく出していくことにより収益予測の信頼性を出しましょう。


⑥返済計画

収益予測から算出された数字から返済に充てる金額を算出していきます。

融資額から返済期間で金利分を足した数字から割り出し、その金額よりも多い金額を返済金額にしましょう。そうでなければ融資の返済が出来ないという事になってしまいます。


⑦成長戦略

更に成長して行くという気持ちを伝える為の項目です。

基本的に融資は事業を拡大していくための資金だと思ってください。

融資する側が貸したくなるような事業に見せるようにしましょう。


以上の様に細かく算出して資料の信頼性を向上させ、ポジティブなイメージを持たせるように意識して事業計画書を作成して行きましょう。


このやり方で、わたくしは2000万円位までの審査に落ちたことは御座いません。

Recommended

おすすめ求人
Spinning